2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のコメント

« 捨て猫、保護犬はちまたに溢れている。これ以上の販売は不必要 | トップページ | 保活(ほかつ)春からスタートさせたい!その理由 cari.jp »

美しき数学の世界と、難問を解く楽しさとは・・ cari.jp

数学上の未解決問題を解いた人々 数学者~数学愛好者までもが挑戦する難問


世紀の難問と言われる

7つのミレニアム懸賞問題

ディビッド・ヒルベルトの23の問題

そして、グラフ理論、数論、素数、幾何学・・・

数学には、未だ、解かれていない問題

証明されていない定理が存在します

その中において、最近解かれた難問をご紹介します


ππππππππππ


□ ハドヴィガー=ネルソン問題 (Hadoviga = Nelson problem)

1950年エドワード・ネルソンが提起したグラフ理論の難問
解いたのはイギリスの数学愛好家のオーブリー・デ=グレイ

平面の彩色数は、黄-緑-赤-青-紫 の5色だと解きました

彼は、人間は1000才まで生きると主張する生物学者です


□ ポアンカレ予想 (Poincare Conjecture)

アメリカのクレイ数学研究所が ミレニアム賞問題として
7つの問題に100万ドルの懸賞金をかけました

その中の1つが ポアンカレ予想です
ちなみに、他の6つの問題は未だ解決していません

 P≠NP予想 (P vs NP)
 ホッジ予想 (Hodge Conjecture)
 リーマン仮説 (Riemann Hypothesis)
 バーチ-スウィンナートン・ダイヤー予想
 ヤン・ミルズ理論の存在と質量ギャップ問題
(Yang-Mills Theory)
 ナヴィエ・ストークス方程式の解の存在と滑らかさ
(Navier-Stokes Equations)


解いたのは、ロシアの数学者グリゴリー・ペレルマンです
しかし彼は、100万ドルの懸賞金も
数学界のノーベル賞と言われるフィールズ賞も全て辞退しています
【公式】Clay Mathematics Institute(クレイ数学研究所)

http://www.claymath.org/


□ フェルマーの最終定理 (Fermat's Last Theorem)

17世紀、フランスの数学者ピエール・ド・フェルマーが
愛読書の隅に書き込んだ定理

「方程式 x^n+y^n=z^n が n≧3」
3 以上の自然数 n について
x^n + y^n = z^n となる自然数 (x, y, z) は存在しない

この定理を証明したのがイギリスの数学者アンドリュー・ワイルズです


□ まとめ

長い歳月をかけ、挑み続ける数学上の未解決問題
数学者の寿命は30代までと言われていますが・・・

しかし一生挑み続ける数学者や
数学愛好者達が大勢いる事でしょう

きっと一度挑戦すると抜け出す事ができない
甘美な世界なのかもしれません

--

written by tenten616(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)
TEL090-8487-4851(鈴木)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事一覧 http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/

 

« 捨て猫、保護犬はちまたに溢れている。これ以上の販売は不必要 | トップページ | 保活(ほかつ)春からスタートさせたい!その理由 cari.jp »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 捨て猫、保護犬はちまたに溢れている。これ以上の販売は不必要 | トップページ | 保活(ほかつ)春からスタートさせたい!その理由 cari.jp »